FC2ブログ

危險生物,生人勿近

輝夜雨

Author:輝夜雨
生産日期:4.19
備注:
養的累(咦?)
怕冷
中二病
情報匱乏
三次元無口
面癱沒藥醫
顯而易見是個不憫

傳送門↓
Photobucket

遊戲中毒,廢人一個

↓↓↓HITS↓↓↓


蠢你好,蠢再見

我才不是面癱啊ヽ(#`Д´)ノ

顔文字教室

不留下來就把你割下來


來看看今天悲慘的命運吧

世界平和^q^(誤)

Wa are the world

free counters

外來物種生存紀録

人生就是搭訕與被搭訕

過去的就讓它過去吧

垃圾要記得分類處理

僕と契約しませんか?

檢索?我相信沒什麼好找的..

新陳代謝?

我的目標是星辰大海(滾)

管理者專用

このブログをリンクに追加する

從哪兒來的回哪兒去

生是腐女,死是腐尸。(有錯嗎?)
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
槲寄生
來~這裡是都過年了還在畫聖誕賀圖的囧人....請盡情BS

至於槲寄生嘛......
槲寄生在西方被称为“生命中的金枝”,但在北欧神话中却成为死亡的象征:奥丁和爱神弗丽佳的儿子——和平之神伯,就是被邪恶之神洛基以槲寄生制成的飞镖射死的。弗丽佳悲痛的眼泪化解了槲寄生的邪恶,救活了儿子。于是她承诺,无论谁站在槲寄生下,都会赐给他一吻。这个神话演变成了西方圣诞节的传统:如有女子偶尔经过或站立于槲寄生悬挂的地方,旁边的男子便可走上前去亲吻她。

是不是很贊=w=+

Photobucket

女體的亞瑟和阿爾,設定根據本家的作了點改變= =

總覺得女體阿爾會比阿爾要坦率的多呢.......

【2009/01/04 19:29】 | No 塗鴉 No Life | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<被點名=w= | HOME | 這是謝禮=3=>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://satanial.blog112.fc2.com/tb.php/169-beb1e35b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。